アルキメデスの大戦

■ストーリー

戦艦大和の建造をめぐるさまざまな謀略を描いた三田紀房による同名マンガを、菅田将暉主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」の山崎貴監督のメガホンで実写映画化。



日本と欧米の対立が激化する昭和8年、日本帝国海軍上層部は巨大戦艦・大和の建造計画に大きな期待を寄せていたが、海軍少将・山本五十六はその計画に待ったをかけた。山本は代替案を提案するも、上層部は世界に誇示する大きさを誇る大和の建造を支持していた。山本は大和の建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造計画の裏に隠された不正を暴くべく、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れる。数学的能力、そして持ち前の度胸を活かし、大和の試算を行っていく櫂の前に帝国海軍の大きな壁が立ちはだかる。

参考:テアトルサンク福井公式ホームページ




■レビュー


「勘違いさせる」の言葉がとても重く心の残りました。
「不沈戦艦 大和」は国民を戦争に向かわせる,言わば戦争に勝てると勘違いさせるだけが目的だったのか?
巨大戦艦では無く,航空母艦(空母)の方が戦争に勝てたのか?


国力・物量・生産力で歴然の差があったアメリカの戦いを挑むのは愚の骨頂と分っていても,それでも開戦を決めた帝国海軍。短期決戦で勝利を収め,講和で終戦を迎える筋書きが,この映画の数式のとおりに行けば良かったのにと思います。
勿論,戦争しない方が良いに決まっている。政治家は戦争に進まない国策や外交を,自衛隊は万が一に備え訓練に励み専守防衛を守って欲しいですね。

過去の大戦を思い出し,いろんな事を考える為に,この時期に観るには良い映画だと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■レビュー

戦場での戦いとかじゃなく、戦争を起こさせない為に天才数学者が奔走する話。

菅田将暉の変人っぷりや数式を黒板に羅列していくシーンが見事!
相方の柄本佑との掛け合いも最高で、戦艦大和の特徴を無表情に早口で語るシーンもすごかった。

それにしても、笑福亭鶴瓶はそのまんまやんけ~~~ぇ。

【参考:映画-Movie Walkerホームページ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■レビュー

試写にて鑑賞。出だしからVFXとは重々分かっていても、いったいこの大艦をどう映像化しているのか?と思わずには居られないほどの画力で引き込まれます。重いテーマではなく、柄本+菅田のコミカルな掛け合いも良かったです。終盤は自分では予想しなかった深層的な部分も絡まって良かった!

【参考:映画-Movie Walkerホームページ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

★上映ラインナップへ戻る
上映ラインナップ

★レビューを投稿する
レビュー投稿ページ

カテゴリー: レビュー パーマリンク