X-MEN:ダーク・フェニックス

■ストーリー

ヒーローチーム、X-MENの活躍を描くSFアクション。
原作コミックの中でも最重要作と言われる人気のエピソードを映画化。
特殊能力を持つミュータントたちが結成したX-MENは、人類と共存し、平和を守っていた。そんなある日、主要メンバーのジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)が、宇宙のミッションで事故に遭遇し、謎の光線を浴びてしまう。これにより、彼女の中のダークサイド“ダーク・フェニックス”が覚醒。強大なパワーを持つ“ダーク・フェニックス”となったジーンは、次第に仲間から孤立していく。そんなジーンを理解し、救おうと手を差し伸べる仲間たち。だが、ジーンの解き放った力が、思いがけない悲劇を引き起こしてしまう……。取り返しのつかないことを引き起こしたジーンの心を、さらに侵食していくダーク・フェニックス。そんな彼女に近づく謎の女。地上の全生命を滅ぼしかねない最強の力は、ジーン自身にもコントロールできず、暴走していく。プロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)の旧友にして宿敵のマグニートー(マイケル・ファスベンダー)さえ、彼女を止めることはできない。絶体絶命の危機が迫る中、危険視され、拘束されるX-MEN。世界の滅亡を止めるため、ジーンを抹殺すべきか否か、仲間同士でも意見が対立。最強の存在と化したジーンに立ち向かう術はあるのか……。

【参考:映画-Movie Walkerホームページ




 

■レビュー

アベンジャーズも終わり、Xメンもどうやら今回で一区切り付きそうです。
最大の敵は、最強の能力をもった仲間という最悪の状況。誰が彼女を止めるのか?Xメンの最後の戦いがはじまります。
…でも本当にこれが最後かな。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■レビュー

ミュータント同士の仲間割れ⁉
さらに大きな悪い力の登場⁉
それぞれに自分だけしか発揮できない特別な力があり、それをどう使うかは自分次第なわけで……………………、今回はジーンがメイン。
家族愛、仲間愛、恋人愛、すべてに熱いのだが、宇宙人と戦うとこだけ凄いクローズアップされてた感じだった。


【参考:映画-Movie Walkerホームページ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■レビュー

みなさまからのレビュー募集中!

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

★上映ラインナップへ戻る
上映ラインナップ

★レビューを投稿する
レビュー投稿ページ

カテゴリー: レビュー パーマリンク