七つの会議

■ストーリー

都内にある中堅メーカー・東京建電。
営業一課の万年係長・八角民夫(野村萬斎)、通称“居眠りハッカク”はどこの会社にも一人はいる所謂ぐうたら社員。ノルマも最低限しか果さず、定例の営業会議では傍観しているだけの八角は、トップセールスマンである課長・坂戸(片岡愛之助)からその怠惰ぶりを叱責されるが、一人飄々と毎日を送っていた。一方、甘えたサラリーマン根性の部下は完膚なきまでに叩き潰してきた社内で絶対的存在の営業部長・北川誠(香川照之)が進める結果第一主義の方針のもと、部員たちは寝る間を惜しんで働くのだった。そんなある日、突然、坂戸がパワハラで訴えられ異動となる。訴えたのは、年上の部下である八角だった。北川の信頼も厚いエース・坂戸に対するパワハラ委員会の不可解な裁定に揺れる社員たち。やがて、パワハラ騒動に隠されたある謎が、社員たちの人生、そして会社の存在をも揺るがし始めていく……。





■レビュー

その規模は大小様々ではあるが、それぞれの思惑が交錯する「会議」を描いた映画である。
開幕から会議シーンで始まるが、その緊張感は抜群であり、有無を言わさず惹きつけられる。あらゆる場面で視聴者に謎を提示してくるが、よほど綿密に構成を練ったのであろう、飽きさせる場面がない。物語の中盤までは登場人物たち個人にスポットライトを当てた偶像劇の様相を呈しているが、終盤になるとあらゆる場面で謎を出題し続けていた八角や組織の上層部による答え合わせが始まる。ここまで来ると、これまでのシーンにいかに多くの伏線が散りばめられていたかに驚かされるが、中でも最期の会議での二転三転ぶりには思わず手に汗を握ってしまう。
企業を描いた作品なので登場人物の多くがビジュアル的に似たようなスーツを着ていながらも、キャストの個性がハッキリと出ており誰が誰だっけ、と置いて行かれることはなかった。


 

【参考:映画-Movie Walkerホームページ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■レビュー

鬼の営業部長から課長以下の営業部員がこってり搾られるあたりからして、まさに現実の日本の会社の写し絵。
組織犯罪の成立する土壌が巧みに描かれている。他人事ではなく、現在進行系の日本の会社の闇。特別な会社ではなく、これが日本の会社の常態だと思う。企業倫理を考えるには格好の教材である。

【参考:映画-Movie Walkerホームページ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

★上映ラインナップへ戻る
上映ラインナップ

★レビューを投稿する
レビュー投稿ページ

カテゴリー: レビュー パーマリンク