ボヘミアン・ラプソディ

■ストーリー

レディ・ガガが“史上最高の天才エンターテイナー”と讃え、ケイティー・ペリーが“今も最も影響を受けている”と語るミュージシャン。それが伝説のバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーだ。
その名を知らずとも、『ボヘミアン・ラプソディ』、『伝説のチャンピオン』、『ウィ・ウィル・ロック・ユー』といった名曲をほんのワンフレーズ耳にしただけで、たちまち誰もが心浮き立ち、歌い出さずにはいられない。
いかにしてフレディは、世間の常識や既成概念に逆らい、従来の音楽を打ち破り、世界中から愛されるエンターテイナーとなったのか?
なぜ愛と孤独、プレッシャーに引き裂かれたのか?
そして、崩壊寸前に陥ったバンドを立て直し、永遠のレガシーを確立できた理由とは……? 
20 世紀最大のチャリティコンサート“ライブ・エイド”で、音楽史に残る史上最高のパフォーマンスを披露した彼らの華やかな活躍の裏には、誰も知らない物語があった……。





■レビュー

昔からのクイーンファンなので必見だと思い観に行きました。とてもリアルな内容でとても感動しました。後半はまるでライブに来ているようでした。涙も出ました。また、ファンでない方も感動すると思います。とても素晴らしい出来だと思います。キャストもとても似てました。仕草、振る舞いなど そうだったんだなーとしみじみ思いました。クイーンファンにとって このような映画ができたなんて、夢のようです!よかったです。よかったです


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

カテゴリー: 邦 画 パーマリンク