累 ーかさねー

■ストーリー

淵累(芳根京子)は伝説の女優・淵透世(檀れい)を母に持ち、母親ゆずりの天才的な演技力を持って生まれながらも、容姿は母に似ず、顔の大きな傷にも強いコンプレックスを抱いていた。そんな彼女に、母は一本の口紅を遺した。その口紅は、キスした相手の顔を奪い取ることができる不思議な力があった。
一方、美貌に恵まれながら、決して他人には言えない理由により花開かずにいる舞台女優・丹沢ニナ(土屋太鳳)は、女優として大成することに異常な執念を募らせていた。
ある日、累は、透世に世話になっていたという男・羽生田(浅野忠信)を通じてニナと出会う。互いに自分に足りない部分を埋めるように導かれた二人は、口紅の力を借りて入れ替わることを決断する。ニナの美貌と累の演技力を兼ね備えた完璧な女優“丹沢ニナ”は一躍脚光を浴び始め、二人の欲求は満たされていく。しかし、二人が恋に落ちた演出家・烏合(横山裕)を巡り、秘密の共同作業に亀裂が生じる。





■レビュー

土屋太鳳の演技力に圧倒されました。
芳根京子との”光と影”の差に惹き付けられましたし、女のドロドロな感じがおもしろかったです。
累の母親の裏の顔にも驚きました。
親子で、同じように他人の美しい顔を奪って生きるというのは恐ろしいかったです。
また、映画の中で色々なシーンの激しさがとても良かったです


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

カテゴリー: 邦 画 パーマリンク