火花

■ストーリー

お笑い芸人の徳永(菅田将暉)はスパークスというコンビでデビューするも、まったく芽が出ない。
徳永は営業先の花火大会で4歳上の先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。あほんだらというコンビで常識の枠からはみ出した漫才を披露した神谷に魅了された徳永は、「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、自分の伝記を書いてほしいと徳永に頼む。その日から、徳永は神谷との日々をノートに書き綴る。
その後、拠点を大阪から東京に移した神谷に再会した徳永は、毎日のように芸の議論を交わし、神谷の同棲相手である真樹(木村文乃)とも親しくなる。
仕事はほぼないが、才能を磨き合う充実した日々を送るが、やがて二人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める……。





■レビュー

ご存じ,お笑いコンビ「ピース」の又吉さん原作の映画化です。
苦笑のオープニングから「お笑い」に賭ける芸人魂に驚きと「そこまで…」と一般人には理解できない面が見えます。
そんな中でも桐谷健太演じる神谷が菅田将暉演じる徳永に語り掛ける言葉にはとても重みがありますね。思わず頷いてしまいました。
数多のお笑い芸人がテレビや舞台に登場しては消えていき,売れても「一発屋」と呼ばれ短期間で見なくなっています。芸人の厳しさが分かる映画でした。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

カテゴリー: 邦 画 パーマリンク