8年越しの花嫁 奇跡の実話

■ストーリー

結婚を約束した尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)は、結婚式を間近に控え、幸せの絶頂にあった。
ところがある日、麻衣が突然、原因不明の病気に襲われ、意識不明に陥ってしまう。
いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親からは“もう麻衣のことは忘れてほしい”と言われるが、尚志は諦めずに麻衣の傍で回復を祈り続ける。
長い年月を経て、ようやく目を覚ます麻衣、ところが、さらなる試練が2人を待ち受けていた。
そして結婚を約束してから8年、ついに最高の奇跡が訪れる……。





■レビュー

思わず泣いてしまいました。
他のお客も泣いている方がおられました。
実話の映画化ですが、これこそ事実は小説よりも”輝”なりです。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

泣ける実話という事で泣きに行ってきました。
演じる佐藤健さんと土屋太鳳さんの相性バッチリで、ストーリーは大変辛い話しなのですが、観ていて何か安心感もありましたし希望に満ち溢れるラストです。
恋人や夫婦で観てきてください、絆が深まりますよ!


 

カテゴリー: 邦 画 パーマリンク